保育園看護師 - 保育士資格を独学で取る方法とは?

保育園看護師 → 保育園看護師への転職 - 保育士資格は必要か?

保育園看護師への転職 - 保育士資格は必要か?

看護師の仕事は同じ勤務先で一生勤め上げるケースが少ない職種です。転職率は他の仕事と比べて圧倒的に高いです。ここでは、大学病院勤務から保育園勤務に転職したい看護師の悩み事とその解決策をご紹介しましょう。
保育園看護師が看護師求人サイトで転職活動

悩みを抱えている看護師は現在2年目で、大学病院の外科病棟で仕事をしています。保育園で看護師の仕事ができるという情報を聞いて、気持ちが揺らいでいるようです。小児病棟経験があれば、ちょっとは自信があるのですが未経験でも大丈夫だろうか?――そんな不安を持っています。

情報を調べてみたら保育士と同じような仕事もします。<保育士資格>を取得しておいた方が良いのかという悩みもあります。「それ以外にも何か資格があればいいのであれば教えて欲しい」という質問でした。

まず保育士資格はピアノが弾ける事が実技で必要になります。保育士資格を取得することは、一緒に仕事をする同僚がどういった知識を持っているのかを知る意味では有益でしょう。看護師の必要がないときでも、園児への指導ができますが、なかなか独学では難しいかもしれません。

中には、独学で保育士試験に挑戦している看護師もいます。結婚や妊娠・出産を機に一度、看護師を退職した場合は、その時期を利用していろいろな資格にチャレンジするケースが増えています。

その女性は市販されている参考書を1冊購入して、過去に出題された問題の解説がある問題集を1冊購入して独学です。保育所保健指針はインターネットでダウンロードして1回目の受験では10科目中8科目に合格したそうです。

「精神保健」「小児栄養」「小児保健」は看護師国家試験と共通しているので理解しやすいでしょう。看護師が苦手とする分野は「保育実習理論」と「社会福祉」でしょう。法律関係の資料はインターネットで解説されています。

実習理論の音楽分野と実技対策にはピアノの習うことが一番でしょう。趣味も兼ねて音楽教室に通うのは如何でしょうか? 書籍関連の出費は3000円程度で大丈夫です。

問題はピアノ購入代金とレッスン代金でしょう。ピアノは中古でも20万円から30万円はします。レッスン代としては1カ月6000円で18カ月ですから108000円になります。そこまでして保育士資格を取得するのかどうかは個人の判断になります。

看護師のためのストレス解消法

看護師の仕事は慌ただしく夜勤などもあり、体力的に大変な仕事です。それに加えて女性が多い職場特有の人間関係というのもあります。こういった状況で、ストレスを溜めてしまう看護師の方も中にはいます。

現代はストレス社会と言われますが、看護師の仕事にもやはりストレスはあります。その中で、ストレスとどううまく付き合っていくかが、長く仕事をしていく上で大切なポイントになります。ストレス解消法をご紹介します。

まずは自分を振り返ってみる事です。ストレスは漠然と感じており、何にストレスを感じているかに気付いていないという事は意外とある事です。そのため、自分をゆっくりと見つめ直す時間を取り、ストレスの原因を考えてみましょう。

それだけでもストレスを抑えられるようになります。自覚できるとそれを解消するような行動が取れるようになるためです。紙に書き出してみると頭だけで考えるよりも気持ちが整理できるのでお勧めです。

自分なりのリラックス方法を持つのもお勧めです。スポーツをやってみたり、朝にジョギングやウォーキングをしてみたり、お休みの日にショッピングをしたり友達を遊んだりと、色々な方法があります。

こういった事で毎日の疲れを定期的に発散しておくことで、切り替えて仕事をする事ができるので、仕事もスムーズにいきやすくなります。今はしたい事がないという方も、まずは色々な情報に触れてみて、興味がある事にチャレンジすると良いでしょう。

生活習慣を整えることも大切です。不規則な生活はストレスも溜まりやすくなります。食事はしっかりと摂り、忙しい仕事ですが、なるべく睡眠時間もしっかりと取るようにしましょう。これだけでも体内のバランスが整い、差が出てきます。

あとは気持ちの持ち方も大切です。ポジティブにできるだけ考えるようにし、大変な時には少し息を抜いて、頑張りすぎない事が良い結果に繋がる事もあります。ストレスと上手く付き合い、気持ち良く仕事をしていきましょう。